軟部組織の緊張軽減や癒着による痛みの改善に「組織間リリース」

昨日は、広島国際大学の咲楽塾「組織間リリースの理論と実際」という公開セミナーを受講しました。

約150名の参加者の中には、顔なじみの方々もいらっしゃいました。

 

私は組織間リリース(Inter-Structural Release:ISR)の初級編を昨年受講していたので、忘れかけていたことを復習できましたし、新しいことも学ぶことができました。

組織間リリースとは、人体の組織どうしをゆるく結合している疎性結合組織と言われる部分をリリース(解放)する技術です。組織間リリースは、全ての軟部組織(=筋・腱・筋膜・神経)を対象に、指先を組織の間に滑り込ませ、組織間の結合をリリースするものです。すべての組織が子供のときのようにスムーズに滑るようになることで、組織の緊張を軽減したり、癒着による痛みを取り除いたりできるようになります。

例えば、スポーツ選手に起こる肉離れでは、その回復過程で必ず筋肉の癒着が起こります。それを解消せずにトレーニングを行っても痛みや違和感、柔軟性低下を解消することはできず、再発しやすい状態のまま復帰していくことになります。このような場合でもISRを用いることで深層の筋肉間の癒着を解消することができます。

 

ISRの精度をより高めるためることで、痛みや体の不調でお悩みの患者さんの手助けになると思います。

しかし、この技術だけですべてが解決するわけではなく、治療過程の一つであることも忘れずに、効果を持続するためのエクササイズなども指導していきます。

 

 

いまだ接骨院

住所  〒731-3167
広島県広島市安佐南区大塚西2-1-32第12平勝ビル102
TEL 082-555-5145
営業時間
月・火・木・金 午前9:00~12:30 午後15:00~19:00
水・土 午前9:00~12:30
休診日 水・土曜日午後、日・祝祭日

当院Facebookはこちら
http://bit.ly/1YfyhKu