痛みと代償運動【広島市 安佐南区 いまだ接骨院】

痛みがあると神経系にも変化を及ぼします。痛みを出さないためにかばって動いてしまうことは「代償運動」と呼ばれます。

 

「代償運動」は短期的には良いことがあります。それは、痛みのある部位の保護をすることです。これにより痛みを軽減して動くことができます。

しかし、長期的には悪影響があり、動作を変えてしまう事で身体の一部分にかかる負荷を上げてしまうことがよくあります。

例えば、ギックリ腰をしてしまい、腰をかばうために前傾姿勢になってしまう事で、股関節の動きが制限され臀部の筋肉の出力が低下します。長期的に股関節の可動域制限と臀部の筋力低下が起こってしまうと、腰痛を繰り返し発生する要因となることがあります。

 

このような問題を解決するには関節の可動域を改善することや、再び筋肉に力が入りやすくするための施術やエクササイズが必要になります。現在の身体状態に合った施術とエクササイズを行い、長期的な「代償運動」が起こらないようにしましょう。

 

 

いまだ接骨院

住所  〒731-3167
広島県広島市安佐南区大塚西2-1-32第12平勝ビル102
TEL 082-555-5145
営業時間
月・火・木・金 午前9:00~12:30 午後15:00~19:00
水・土 午前9:00~12:30
休診日 水・土曜日午後、日・祝祭日

当院Facebookはこちら
http://bit.ly/1YfyhKu