院長ブログ

2017年06月19日

怪我からの復帰 日常生活を過ごしやすく NASM-PES

こんにちは、梅雨に入りましたが晴れの日が続きますね。熱中症にはお気をつけください。   さて、いまだ接骨院で施術する際には痛みを取ることはもちろん、身体の良い状態を維持するために様々なエクササイズを行っています。 その中で、昨年受講して資格を取得した、「NASM-PES」の考え方を参考にさせていただいています。 NASM-PESとは、米国NASM(National Academy of Sports Medicine社)が認定する資格の一つであるPES(Performance Enhancement Specialist)というコースです。あらゆるレベルのアスリートのパフォーマンスを引き出すことや外傷障害のリスクを減らすことを目的としています。身体機能の向上という点からアスリート以外の対象者にも適応しています。   いまだ接骨院では、施設が整っていないため残念ながらスクワットやベンチプレスなどで重量物を持ち上げるようなトレーニングやダイナミックな動きを取り入れたトレーニングはできませんが、そこに至るまでのエクササイズやトレーニングは行っています。それ以上望まれる方はS&Cの専門家にお願いする方がいいですね。     様々な動作で、特定の部位に負担をかけないような動きができると痛みや疲れも現れにくいと思います。 痛みを改善して良い状態でスポーツに復帰したい方、散歩をすると膝が痛くなることでお悩みの方、痛みはないが身体が上手く動かせないなどでお悩みの方に対して、ご希望があれば、施術と同時にエクササイズも取り入れます。   今後も不定期ではありますが、いまだ接骨院で出来る事や物理療法機器についてご紹介していこうと思います。     いまだ接骨院 住所  〒731-3167 広島県広島市安佐南区大塚西2-1-32第12平勝ビル102 TEL 082-555-5145 営業時間 月・火・木・金 午前9:00~12:30 午後15:00~19:00 水・土 午前9:00~12:30 休診日 水・土曜日午後、日・祝祭日 当院Facebookはこちら http://bit.ly/1YfyhKu

$logo_alt
2017年05月10日

外側荷重 怪我 いまだ接骨院

こんにちは。   いまだ接骨院では、スポーツをされている方で膝・足のケガをされている方が多く来られています。 その中で、最近では足関節捻挫、アキレス腱周囲炎、ジャンパー膝、内側側副靭帯損傷、腸脛靭帯炎、膝蓋下脂肪体炎、Jones(ジョーンズ)骨折などのケガがありました。   まず痛めた組織の回復を目的として施術を行いますが(場合によっては病院を紹介します)、それだけでスポーツに復帰すると、また同じようなケガを繰り返してしまうことが多くみられます。 それを防ぐためには痛めた組織に負担をかけない動作を身に付けることが必要となります。   最近特に気になるのが、O脚・X脚に関わらず外側荷重となっている方が多いということです。 おおまかに言いますと、外側荷重でO脚の場合は足を捻るリスクが高いですし、X脚の場合は膝を捻るリスクが高くなります。   外側荷重を改善するには、まず癒着や筋緊張で硬くなった組織を動かせるようになることが必要で、その後には動作中に外側荷重とならないようにトレーニングする必要があります。これは根気のいることですぐに改善できるわけではありませんが、継続することで改善されます。 外側荷重が修正出来てくると太ももの外側の筋肉を使いすぎずに済むので、足が細くなったといわれる方もいらっしゃいました。   接骨院ですので、ケガをしてから来られる方が多いのが現状です。 しかし、まだ少数ではありますが、予防のためやコンディショニングに来られている方もいます。   ケガをして100%でプレー出来なくなることは、競技力を向上させるには大きな妨げとなります。未然に防ぎましょう! また、日常生活を快適に送るために動きやすい身体にしていきましょう!     いまだ接骨院 住所  〒731-3167 広島県広島市安佐南区大塚西2-1-32第12平勝ビル102 TEL 082-555-5145 営業時間 月・火・木・金 午前9:00~12:30 午後15:00~19:00 水・土 午前9:00~12:30 休診日 水・土曜日午後、日・祝祭日 当院Facebookはこちら http://bit.ly/1YfyhKu

2017年05月01日

サッカー ももかん いまだ接骨院

朝晩はまだ涼しいですが、日中は暑くなってきましたね。   昨日は中国大学サッカーリーグの開幕戦に帯同してきました。   大腿部の打撲(ももかん)や足底部痛などありましたが、幸い大きなケガはありませんでした。   しかし、ももかんと言っても重度の場合はもちろんですが、比較的軽度でも初期処置や治療を適切に行わないと、痛みが取れるのに時間がかかることがあります。私自身も受傷直後の処置をせずに様子をみて痛みが長く続いた経験があります。   痛めた組織の修復にある程度の時間は必要ですし早い復帰がいいとは限りませんが、適切な処置や治療・トレーニングをしないことで復帰までの期間が長引くケースも多くあります。このようにならない様にはしないといけませんね。   試合の方は開幕戦勝利でした。     これから11月までリーグ戦が続きます。 ケガをしないことが一番ですが、起きてしまったケガは甘く見ずにしっかりと向き合っていこうと思います。   暑くなってきましたので、水分補給はしっかりとしてくださいね。     いまだ接骨院 住所  〒731-3167 広島県広島市安佐南区大塚西2-1-32第12平勝ビル102 TEL 082-555-5145 営業時間 月・火・木・金 午前9:00~12:30 午後15:00~19:00 水・土 午前9:00~12:30 休診日 水・土曜日午後、日・祝祭日 当院Facebookはこちら http://bit.ly/1YfyhKu

2017年04月08日

ファンクショナルカッピングメソッド 広島 セミナー

こんにちは。 昨日は午後を休診とさせていただいて、「ファンクショナルカッピングメソッド」のセミナーに参加してきました。 これは、癒着している組織を押すのではなく、吸い上げて癒着を剥がす方法です。     実技では単純に気持ち良いこともありましたが、可動域は向上しましたし、血流がよくなって暖かく感じました。 試してみたい方がいらっしゃったら、ぜひご連絡ください。     いまだ接骨院 住所  〒731-3167 広島県広島市安佐南区大塚西2-1-32第12平勝ビル102 TEL 082-555-5145 営業時間 月・火・木・金 午前9:00~12:30 午後15:00~19:00 水・土 午前9:00~12:30 休診日 水・土曜日午後、日・祝祭日 当院Facebookはこちら http://bit.ly/1YfyhKu

2017年04月03日

成長する

昨日は全広島サッカー選手権の準決勝でした。 優勝すると天皇杯に出場することができる大会です。   私がサポートしているチームは惜しくも敗退しました。 メンバー外の選手やたくさんのOBの方々も見に来てくれていました。   今年度から監督が変わり、いろいろと変化のあったプレシーズンでしたが選手たちは成長した姿を見せてくれました。 試合後にはOBの方々からも暖かいお言葉をいただきました。     まだ、今シーズンの練習を始動して2か月半なので、これからまだまだ成長してくれると思います。   長年、サッカーのチームをサポートさせていただいていますが、当院には陸上・バスケ・野球など様々なスポーツをしている方々が来院されています。ケガを治療するだけでなく、満足に競技ができるようになるまでを目標に取り組んでいます。   スポーツをされている方だけでなく、日常生活での痛みや、姿勢改善、歩行動作の改善などを目的に来院されている方々もいらっしゃいますので、お気軽にご相談ください。   私自身もまだまだ、成長して患者様や選手により良い施術やアドバイスが出来ればと思います。     いまだ接骨院 住所  〒731-3167 広島県広島市安佐南区大塚西2-1-32第12平勝ビル102 TEL 082-555-5145 営業時間 月・火・木・金 午前9:00~12:30 午後15:00~19:00 水・土 午前9:00~12:30 休診日 水・土曜日午後、日・祝祭日 当院Facebookはこちら http://bit.ly/1YfyhKu