2024/06/10 09:00

姿勢の評価

姿勢が悪いと言われた方は多いと思います。悪い姿勢といっても、どのように悪いのかによって行うべきエクササイズや施術は異なってきます。

 

姿勢の評価.jpg

 

さらに、止まっている姿勢(静的姿勢)だけでなく、動いている姿勢(動的姿勢)も評価する必要があります。

動的姿勢の評価では、正しい動作が出来ずに代償動作を引き起こしているかどうかをみつけます。すると、過活動になっている筋肉と低活動である筋肉がわかります。

静的・動的の姿勢評価で見つけることが出来た過活動の筋肉に対してはストレッチなどで筋肉の緊張を緩和すること、低活動の筋肉に対してはエクササイズが必要となります。

実際の動作は複雑ですが、正しい姿勢、正しい動作は適切な筋発揮のために必要となります。

つまり、正しい姿勢が「長さ‐張力関係」、「フォースカップル」を適切にさせ、正しい関節運動をおこします。